売買契約の締結

いよいよ売買契約を締結いたいします。

買主さまが見つかり売主さまとの条件等の合意ができた上で、いよいよ売買契約を締結いたいします。売買契約の流れをご説明いたします。

売買契約の流れ

1.重要事項書の説明

オロク商会の宅地建物取引主任者が売主さま買主さま双方に対して 取引物件の詳細や取引条件等の重要事項を説明いたします。
宅地建物取引業法にて宅地建物取引主任者が契約が成立するまでの間に売主さま・買主さまに対して物件や条件とうの重要事項の説明をすることが義務付けられております。

2.売買契約の締結

売買契約書を作成して契約時以前に売主さまに内容の確認をさせていただいたのちに締結をおこないます。
重要事項の説明を受け十分理解・納得されたうえで売買契約に移ります。
まず、宅地建物取引主任者が契約書の全条文や特約事項、その他記載事項の説明をおこない、売主さま・買主さまが了承されたのちに売買契約書にご署名・ご捺印をいただきます。

3.手付金の授受

契約時に売買代金の一部に充当する手付金を買主さまより売主さまに支払います。
売主さまは、同時に領収書を買主さまへ発行いたします。

めでたく売買契約の成立となります。

その後は売主さま買主さま其々が残金決済や物件の引き渡しをスムーズに行えるようオロク商会がサポートさせていただきながら準備をおこなってまいります。